日本初投入の前立腺がん抗がん剤新薬

前立腺がん治療用の抗がん剤新薬「ゴナックス 皮下注用」が新発売された。

新薬ゴナックス(一般名:デガレリクス酢酸塩)は、前立腺がん患者のがん増殖を促進してしまう男性ホルモンのテストステロンの発生を抑えることで、前立腺がんの増殖を抑制する効果がある。

海外では既に62か国で承認されている皮下注射される抗がん剤だ。日本では2012年6月29日に承認取得し、同年8月28日に薬価基準に収載された。

アステラス製薬から、2012年10月23日(火)に販売が開始される。

| がんの最新治療法 | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

がん転移抑制する効果を新発見

肺がん転移を抑制する効果が、心不全治療用のホルモン製剤にあることが判った。

がんが心臓へ転移することが稀であることから、心臓特有のANPというホルモンに着目した研究チームが、 2009年から552人の非小細胞肺がんの患者データを詳細に調査したのだ。

その結果、心不全治療などでホルモン剤を使用していた肺がん患者の2年後の再発率は4.5%と低い一方で、ホルモン剤を使わなかった肺がん患者の19.2%にがんが再発していた。このがん再発率の大きな差は、がんの進行度にも関係なく、ホルモン剤のがん抑制機能と解釈できた。

人のがんを移植されたマウス実験でも、ホルモン剤の がん抑制効果は検証され、有望な結果が得られた。がん細胞を移植したマウスにホルモン剤を投与すると血管転移するがん細胞数は、肺腺がんの場合で約5分の1、肺の大細胞がん,大腸がん,乳がんの場合には約3分の1にまで減少したのだ。

これらのがん抑制効果は、ホルモン剤が血管の内壁を守ることから、がん細胞が漏れ難くなっている仕組みが解明されている。

ホルモン剤の肺がん再発予防効果が実証されただけでなく、他のがんに対しても転移予防薬となる可能性が高いため、今後の研究進捗に期待がかかる。

ホルモン剤の がん転移抑制効果は、大阪大と国立循環器病研究センターが発見した。

| がんの最新治療法 | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

がん延命に有効な市販薬とは

鎮痛剤のアスピリンが、大腸がんの死亡率低減に効果的と判った。

アスピリンががん治療に有効とされたのは、特定の遺伝子に変異がある大腸がん患者に対しての治療効果だ。 大腸がんと診断された964人の経過を細胞を分析と合わせて追跡調査した結果に判明した。

大腸がん患者のうち「PIK3CA」というがん細胞の増殖に関与する遺伝子に変異があった161人と、遺伝子変異のない803人について、アスピリンを飲むかどうかで予後の違いを比較したのだ。

PIK3CA遺伝子変異があった患者群では、アスピリンを飲む習慣がなかった95人のうち大腸がんが原因で26人が死亡した。一方、アスピリンを週に複数回飲んでいた66人では、大腸がんが死因だったのは3人だけだったのだ。この調査結果から有意にアスピリンの有効性が示されている。

米ハーバード大の研究報告が、米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに掲載された。

| がんの最新治療法 | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
New entries
Archives
Categories
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM